Start Free Binary Measure MT4

125header4.png
 
 





まずは1分満期バイナリー(60セカンズ)を例に実際のチャートを表示してのトレード画面の画像でイメージをつかんでいただきます。

下記画像は海外BO提供会社の注文パネルと 「スタートフリーバイナリーメジャー」
のカスタムインジケーターをメタトレーダー4に表示し同じチャートを確認しながら発注できるようにパソコン画面に並べて表示したイメージです。

画像は見やすいように上部のみですが一部を隠しこのページの最後に実際のトレード時の全画面表示をしておきます。  
                                                                                       ※24option.comのパネルを使用してます。



 チャート表示がユーロ/ドルの相場ですが、買いのサインが出てるので右側の注文パ
ネルで30ドルでオプションを購入します。
注文時から即60秒がカウントダウンされて行きます。
 
ここでは注文時のレートから60秒後に相場が上がる(ユーロ高ドル安)と読みとれるの
で注文は「高(CALL・High)」となります。


上図は60秒判定まであと残す事8秒の時点ですが、注文通り相場は「高」となってい
ます。右側の画面のチャートの相場表示で相場ラインが上に上昇して背景が草色に変
わっています。
「イン・ザ・マネー」つまり利益を受け取る範囲内にあるという事です。その反対は、「アウト・オブ・ザ・マネー」損失範囲です。

30ドルに対して利益(リターン)は+70%ですので51ドルになります。
日本に入ってきている海外BO業者は数社ありますが、だいたい+70%のリターンです。

次の画像を見ていただきます。

 

ここでも注文時がユーロ買いの相場で「高CALL」になりますので発注しました。
上図は注文後3秒後で判定まで57秒後の時点です。

現相場は発注時のレート1.38684のままの同値ですが、もしこのまま同値で判定クロー
ズした場合は投資額の30ドルがそのまま口座に戻ってきます。

所謂、日本の一部のBO業者にあるようなレンジ外というFXでのスプレッドのような手
数料のような費用はかかりません。

また、開始スタート自由のバイナリーオプションの場合は、全世界のトレーダーがそれ
ぞれ好みの時間を分単位で注文する為にオプション完売と云うような私達買い手に不利
に働くルールはありません。 



 期限終了の60秒後の結果は、注文時レート1.31684に対して期限時のレートが
1.31694でわずか0.0001の差1pでした。

レンジ外があれば当然投資額の30ドルが損失となります。
しかしレンジ外ゾーンがありませんので、元金30ドルにプラス21ドルで51ドルが払い
戻されました。

またどの海外業者も取引通貨は多くありますから、例えばいつもの取引通貨の相場があ
まり動いていない時や方向感のない上下動の激しい動きの通貨などの時は、別の通貨の
選択などもできます。

FXではスプレッドの関係があるのでなかなかそうはいきませんが。
 


 

当ソフト教材を活用して各バイナリーHighLowオプションをする手順は、

手順1 .各業者の注文パネルを開き同時にメタトレーダー4を開きます。
    1台のパソコンに表示しても複数のパソコンに表示しても構いません。

手順2 .相場を確認して、手法解説に記されたエントリー(注文)を待ちます。

手順3 .エントリーチャンスが来ますので注文をします。
     ※5チャート上での条件が合うまでは多少待ちます。

手順4 .注文後、判定満期の1分(60秒)、2分、5分を待ちます。

チャートを見ながらの裁量的な部分はどうしても必要になりますが、裁量なくして
利益なしは相場の鉄則のようなものです。

各個人の裁量部分にとって必要な事は、
1.相場を選択する裁量(トレードできるような相場かどうか?)
2.買い相場か売り相場かを予測する。(相場が上がる方向か?下がる方向か?)
3.投資金額と注文を決める判断。

FX取引ではここで4番目に「利食いと損切り決済をする」と云う事が加わります。

高(CALL)か低(PUT)かを決める二択のバイナリーオプション取引の場合は、判定の
満期の期限というものが決めてくれます。

集中力が必要なのは1~3番です。

但し、3番以外の裁量に関しては、当チャートシステムに慣れていただくことによっ
て大幅にその労力とストレスを軽減することができます。


1の「相場を選択する裁量」は同時にオプションを「発注する」という行為が加わります。既存のバイナリーオプションでは判定開始時間とタイミングが合わない場面が多か
ったのですが、開始スタート自由のバイナリーオプションでは発注のタイミングを決め
るという面で裁量が加わりますが逆にそれは自分で納得のいく取引ができるという事に
もつながってるのだと思います。



短期期限のバイナリーオプションでは、じっくり考えてから相場を判断して注文して
いては相場が先に進んで行ってタイミングを無くしてしまいます。

このような場合、前もって現在のこの相場は上がるか?下がるか?の見当がつかなけ
ればなりません。

できればパッと見て今が上げ相場か?下げ相場か?あるいはレンジ相場か?動きのない
迷走相場か?と云う判断が必要になります。

それは急な乱高下の相場でない限り最低でも2通りのタイムチャートを見ることによっ
てわかります。そしてそれを裏付けるインジケータとサイン表示がより相場判断を正し
くさせます。

「スタートフリーバイナリーメジャー」では、カスタムチャートとサイン表示のセット
により分かりやすく相場判断ができるように工夫をしています。

また1分満期、2分満期、5分満期、また30秒満期のそれぞれの
注文タイミングという
のも、条件化(ルール化)して解説してますので効率的に視点を絞ってチャートを見るこ
とができます。

そのあとは、次から次と訪れる注文エントリーのチャンスを待って注文をしていきます。






それでは「スタートフリーバイナリーメジャー」のパフォーマンスの一部を画像で簡潔に説明していきます。

これまでの画像を含め下記画像は、このページを作成している時の合間を見ていくつか
のトレードでの画像を記録したものです。

下記の3トレードの各画像の左側が「スタートフリーバイナリーメジャー」のチャート表
示ですが、チャート上に引かれてある太い黄色線が各オプションで発注したポイントです。それぞれ終了寸前と終了直後の画像です。

チャート上の平均足は1分足ではありません。通常のティックチャートではカスタムインディケーターの表示はできません。
当ソフトでは60秒、2分、5分満期の取引に合わせやすい秒足を各満期ごとに使用してます。

相場に合わせた表示ですから視覚的にも相場を判断しやすい表示になっています。



@画像
60秒判定終了直後の画像です。
黄色線は後から説明の為に描いたものです。

この注文の前の判定後すぐにチョットした下げから上げに転じた買いの押し目にタイミングを合わせて注文した結果です。
視覚的にサインと色と方向でそのタイミングが読み取れます。


A画像
これは買い相場から売り相場に転じた直後を確認して売り注文(低、PUT)をした相場図です。相場から見てこの後は相場の方向性から買いの戻しが来ます。ここで更なる売り注文ではリスクが伴いますのでしばらく見送ります。

5分満期や10満期では戻し反転狙いの注文と言う事もできますが、この図では予測はつけづらく60秒後ならしばらく待って反転を確認してからの買い注文(高、CALL)になります。



B図 
このチャートも上げ相場です。@図とチャートの動きが似てますが@図の約6分後の相
場です。このような感じでここでの相場は繰り返されていきます。
注文時が同じとすれば、10分判定ではまだ判定中です。

逆張り推奨が10分判定では多いですが、1分(60秒)ではトレンドフォロー(順張り)の方
がタイミングさえつかめれば優位なのがわかります。


;

1_2m.png

 図が2分用のチャートセットを見ながらの業者の注文パネルをPC画面に並べた画像です。通貨はEUR/USDです。

注文をこのチャートでは黄色円枠で囲ったところの印サインラインサインの表示で入れてます。

注文を入れてから満期まで後1分53秒の時点です。

注文時の価格は1.29433で現在値は1.29430です。(黄色枠)




 上図が結果です。 


注文時の価格は1.29433で2分満期締め切り時の価格はは1.29426です。
(黄色枠)

わずか0.7ポイントですが、サイン通りで「高」ですから1.70~72 倍でペイ
アウトされます。

注文のスタート時間がトレーダー側で決められることは有利です







 

上図が5分用のチャートセットを見ながらの業者の注文パネルをPC画面に並べた画像です。通貨はEUR/USDです。

注文をこのチャートでは黄色円枠で囲ったところの 印サインラインサインの表示で入れてます。

注文を入れてから満期まで後4分11秒の時点です。

注文時の価格は1.30141で現在値は1.30146です。(黄色枠)





上図が結果です。 


注文時の価格は1.30141で5分満期締め切り時の価格はは1.30144です。
(黄色枠)

わずか0.3ポイントですが、サイン通りで「高」ですから1.70~75 倍でペイ
アウトされます。(画像ではまだ表示されてませんが

注文のスタート時間がトレーダー側で決められることは有利です。







24option.comの取引明細書

購入前の方々の質問で多いのは、「勝率について」です。
しかしFX取引やバイナリーOP等はどうしても裁量と云うものが必要になってきます。

FXでは勝率が10%でもその10%のボリュームを多くし逆転するという方法もあります。
ナンピン手法もその一つですが、それは一般の素人投資家ができるものではありま
せん。

前述しましたがエントリーできるか?できないか?という最低限の相場選択 をしなけ
れば勝率はなかなか上がりません。

上の画像は、このページ上に載せた画像とその他のトレード結果です。
ユーロドルで10トレードで9勝1敗。最初だけ31ドルで打ちこみミスをしてますが、
日付は日本時間2013年1月3日午前10:58〜11:19の準備時間を入れて30分以内です。
1回の取引の投資は30ドル。
利益金額は、【払戻金460ドルー投資額301ドルー損金額30ドル
=129ドル

上記は勝率90%ですが、いつでもこういうわけにはいきません。
開始時間が決められていない、スタート自由の60秒満期や2分、5分などのオプション
のペイアウト率は70%とすると、最低でも60%以上の勝率が必要です。

現在開始時間自由選択の1分、2分、5分、また30秒満期とバイナリーオプションが
ありますが、これまでの開始時間、判定時間が限定されてるバイナリーオプションに
比べると開始時間自由選択のバイナリーオプションは、次から次とチャンスが訪れる
だけに落とし穴もあります。簡単すぎるが故に相場状況の判断ミスです。

要は、注文したらリスクの高い相場を如何に避けて見送って注文しないかで勝率は大
きく変わってます。

それさえ守れば個人差もありますが、上記の相場を避けて普通にトレードをしていれ
ば70パーセント以上は可能な勝率となります。

また、「スタートフリーバイナリーメジャー」には各種のサイン表示で、注文(エント
リー)してはならない相場が視覚的にもわかるようにしてあります。
詳細は解説書に記載してあります。





日本時間2013年1月7日午後21:59〜22:14(15分間)8勝1敗1不成立(同価格)
ユーロ/USドル






日本時間2013年1月7日午後22:24〜22:47(23分間)8勝1敗1不成立(同価格)
ユーロ/USドル&豪ドル/円



日本時間2013年1月7日午後22:53〜23:13(20分間)7勝3敗
豪ドル/円&ユーロ/USドル







kessaitop125.png

イメージがはっきりしない場合は下記動画をご覧ください


●スタート自由の60秒バイナリーオプション動画


●スタート自由の30秒バイナリーオプション動画



●スタート自由の2分(120秒)バイナリーオプション動画


●スタート自由の5分(300秒)バイナリーオプション動画

 

 

【追伸】スタート自由のバイナリーオプション提供海外業者について


現在国内で60セカンズを提供している海外業者は数社確認しております。
2分、5分は2社ほど確認してます。
30秒バイナリーに関しては1社です。

今後多くの会社が日本に進出してくるでしょう。
このページの画像は以下の会社を利用しました。
24option.com
traderush.com

?海外バイナリーオプション口座を選ぶ時の注意点
○分別保管などの信託保全などがあり顧客の資金の安全は確認されてること。
資金の入出金が基本的にクレジットカードであること。
 ※普通の銀行振込だと資金の入金に数日かかる上に振込手数料もかかる。
○できれば60秒取引以外にも多数の取引方法があること。
※海外では60秒取引が人気。
○日本語のオペレターもしくは日本語でのメール対応(英語が流暢な人は必要ないです)
   
 





 決済ボタン決済ボタン?注文電話注文





【投資に係るリスクおよび手数料について】

当商品は、著者と同じような利益が出ることを保証するものではありません。信用取引やFXは価格変動リスクを伴い、また証拠金を上回る取引を行うことがありますので、場合によっては投資額を上回る損失を被る可能性があります。信用取引やFXには取引業者の売買手数料がかかります。
その旨をご了承の上、ご購入ください。



 

特定商取引法に基づく表記


Cpyright(C) 2007-2013 Start Free  Binary Measure All rights reserved.